革命のはじまり

HS Manufacturing Groupは、プラスチック被覆紙製品への依存を減らすという共通のビジョンから生まれました。そのミッションはやがて、シリコーンまたはフルオロケミカル処理された紙製品に代わる包括的な製品を見つけることにまで広がりました。そしてこのモチベーションの第一の源泉となったのは、使い捨て紙製品から発生する大量の廃棄物でした。

世界の人口が増加し続けるにつれ、便利なプラスチック被覆紙製品やフルオロケミカル処理された食品包材への依存度も高まりつつありますが、この傾向は、消費者が生む廃棄物の多くがリサイクル不能であり、永久的に生分解されないという現実によって悪化の一途をたどっています。多くの企業が堆肥化可能な包装・梱包資材というオプションに注目し、すでにそれらの導入を開始していますが、それらが堆肥化するためには特別な高温環境を必要とします。

そこで、化学技術、特許およびIP開発経験、そして揺るぎない起業家精神を備えた当社のチームは、「メーカーの皆様にとって必須の耐水性・耐油性・耐グリース性を実現する遮蔽コーティング技術プラットフォームを開発し、それと同時にサステナビリティの新たな基準を打ち立てる」という目標に向かって歩み始めました。チームが目指したのは、使い捨て紙製品では初の試みとなるであろう「環境保護上安全で毒性のない代替製品」を創り出すことでした。

広がるパートナーシップ

研究開発の初期段階を経たHS Manufacturing Groupのチームは、新技術を実際の製紙工程にシームレスに組み込むためには「製紙業界の専門知識」が不可欠であることを認識しました。そこで当社は紙・パルプ業界に特化した研究大学として知られるメイン大学(University of Maine)と正式なパートナーシップを結び、このコラボレーションによってPROTĒAN™の技術プラットフォームを生み出しました。

実行可能な代替技術

植物由来成分から作られたPROTĒAN™は、添加剤または遮蔽コーティング剤として使用できます。また、さまざまな用途に応じてカスタマイズ可能なPROTĒAN™は、従来のコーティング方法に代わる技術をお探しのメーカーの皆様に、コスト効率・適応性とスケーラビリティに優れた新たなソリューションを提供します。過去10年間に生じた需要の変化に伴い、製紙業界は既存の製品に変革をもたらす新たな方法を見つけることを余儀なくされました。HS Manufacturing Groupのチームは環境にやさしいPROTEAN™を導入したことにより、メーカー、環境保護団体、そして消費者の皆様の要求にお応えすることができました。

努力を結実させ、未来へ

PROTEAN™は各種の試験で成功を収め、いくつかの用途に使用されてきました。そしてPROTEAN™が食品接触材料としてFDAの承認を得たことにより、チームは使い捨て紙製包装資材業界で用いられてきた従来の技術に代わる、新たな遮蔽コーティング技術を提案できるようになりました。

幾多のパイロットテストと商業試験で実績を挙げたHS Manufacturing Groupは、その独自の技術を市場化する準備を整え、現在、いくつかの国際的な紙製包装資材会社およびケミカルコーティング会社と協力し合っています。そして2018年6月にはHS Manufacturing GroupとMonadnock Paper Millsの間でPROTĒAN™の使用に関するライセンス契約が交わされ、Monadnock Paper Millsはコーティング有・無両方の特殊紙製品の製造においてPROTĒAN™を使用することになりました。

市場へ行く

幾多のパイロットテストと商業試験で実績を挙げたHS Manufacturing Groupは、その独自の技術を市場化するにあたり有利な立場を確保することができました。チームは現在、いくつかの国際的な紙製包装資材会社およびケミカルコーティング会社と協力し合っています。そして2018年6月にはHS Manufacturing GroupとMonadnock Paper Millsの間でPROTĒAN™の使用に関するライセンス契約が交わされ、Monadnock Paper Millsはコーティング有・無両方の特殊紙製品の製造においてPROTĒAN™を使用することになりました。

PROTĒAN™の各種製品に関する詳細情報はこちらからご覧ください。

PROTĒAN™に関する詳細情報はこちらから