PROTĒAN™の防水性

卓越した強度

PROTĒAN™独自のフォーミュラは紙の母材内に織り込まれるため、この技術が添加剤または遮蔽コーティング剤のどちらとして使用される場合でも優れた強度特性をもたらします。また、その本来的な特性は紙製品における全体的なコーティング量を軽減しながら、バイオプラスチックに匹敵する高度な耐水性を実現します。

これらのビデオでPROTĒAN™の活躍ぶりをご覧ください。

100%リサイクル可能

100%生分解可能

堆肥化可能

プラスチック無配合

シリコーン無配合

PROTĒAN™の卓越性

他社が提供する従来の技術と比べ、PROTĒAN™は次の4つの点で卓越しています。

サステナビリティ

再生可能な天然資源に由来

100%リサイクル可能

100%生分解可能

堆肥化可能

プラスチック/ワックス/シリコーン無配合

PROTĒAN™でコーティングされた紙は再パルプ化可能

効率

製紙工場における既存のコーティングおよび加工工程に適合

他社が提供する一部の技術と比較して、運転速度が20%アップ

工場でのランナビリティ、製品の加工性、印刷適性のすべてにおいて卓越

短時間でコーティングおよび乾燥

汎用性

温かい商品と冷たい商品の両方に対応

マイクロ波加熱可能

添加剤または遮蔽コーティング剤として使用可能

紙の片面または両面に塗布可能

コーティング剤は印刷の前または後に塗布可能

他のコーティング剤のエマルジョンとして適切

全面塗布または部分塗布のいずれにも利用可能

漂白または無漂白のいずれの紙にも対応

安全性

Generally Recognized as Safe (GRAS) Notice GRN 227および325の要件に適合

FDAの承認取得(21 CFR 172.867)

非毒性

用途

PROTĒAN™は、非常に高度な耐油性と中程度の耐油および耐グリース性を必要とする紙製品への応用に最適です。現在の用途例:

農業用紙マルチ

紙袋(買い物袋、コンポスト用)

使い捨てコーヒーカップ(紙コップ)

食品保存容器(温・冷)

ラベル

ペーパーストロー

PROTĒAN™に関する詳細情報はこちらから